ミラーサイト作りました。今後はそちらをメインにするかも知れません。よろしくお願いします。

あれこれ備忘録 〜はてなブログ支店〜

もしもドロップシッピング」で販売サイト作ってみました。
あれこれ商店

画期的な無料家計簿アプリでお金の流れが一目で分かる

2012年07月26日

「花のズボラ飯」深夜にやったらみんな太るじゃないですか

「花のズボラ飯」ドラマ化、10月深夜枠で「うんま〜ッ」

「花のズボラ飯」って知ってますか?

「このマンガがすごい2012」オンナ編1位に選ばれた、とても面白い漫画なんです。

旦那が単身赴任している主人公の花が、自分しか食べないのをいいことに楽で美味しいズボラ飯を作って、自ら味わうというお話なのですが、とにかくご飯が美味しそうなんです。

これをドラマ化して深夜に放送するというのですから、みんな夜食に同じ物を作って食べたくなるに決まってますよね。

これは日本人を太らせようというテレビ局の陰謀なんじゃないでしょうか?

でも、楽しみです。

ドラマの前に、マンガでチェック!

花のズボラ飯




花のズボラ飯(2)




花のズボラ飯 うんま〜いレシピ―なぜ、ズボラ料理なのに泣くほどうまいのか



posted by まっさん at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このCMにケチをつける前に

不評!AKB48「アイスの実」CMに「食べ物なのに胸の谷間って」

性と関連付けるのはともかくとして、死体が登場するのはちょっととは思います。

しかし、考えてみてください。

そもそも、小学生前後の子供が名探偵コナンで毎週人が殺されているのを見て、推理してかっこいいとか言っている方がおかしいでしょう。

まずはそちらに文句をつけて欲しい気がしますね。

コナンを見て育った人たちがケチをつけているとするとそれはそれでおかしいですしね。

なんか感覚がずれているような気がします。

posted by まっさん at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

うつやひきこもりは、ツァラトゥストラなのか

NHK教育 ETVで『100分 de 名著』という、孔子の『論語』やドラッガーの『マネジメント』などの有名な本を取り上げてあらすじを紹介したり、読み解くヒントについて解説する番組があります。

時々見ていたのですが、8月はニーチェの『ツァラトゥストラ』という本を取り上げていました。今日の朝、テレビをつけたら最終回をやっていました。

ひきこもりに関する著作で有名な精神科医の斎藤環さんがゲストでした。

あと2回ほど再放送の予定があるので興味のある方は見てください。


うつとひきこもりは別のもので、うつ病は病気で、ひきこもりは状態です。

しかし、メディアがおもしろおかしく取り上げたせいもあって、これらはごちゃごちゃになり、さらにはニートとも一緒に扱われることになりました。

そもそもひきこもりはそういうグループをさす言葉でもありませんが、そうなってしまった以上仕方ないのかもしれません。


斎藤さんは、ひきこもりを山にこもったツァラトゥストラに例えて、さらにはツァラトゥストラのように究極超人になれば山を降りて幸せになれるかもしれない、という考えを披露します。


僕は『ツァラトゥストラ』を読んだことが無いのでわかりませんが、うつ病になったり、そのほかの精神的な疾患をかかえたりして、ひきこもってしまった人は哲学者や求道者なんでしょうか?

というよりも、哲学者や求道者になりたくもないのにそういう状況に置かれて、その上、なり損ねた人間のように感じます。


ツァラトゥストラよりも、魯迅の『阿Q正伝』の阿Qに近くて、さらには阿Qにすらなり損ねた人間だと思います。


いろんな疾患を抱えて悩んでいる人は、半分うつ病になりかけていて本を読むのも辛い人も覆いと思いますが、どちらも読んでみるといいかもしれません。

私も『ツァラトゥストラ』を読もうと思います。
ただ、比喩が多すぎて結局何を言いたいのか普通の人にもわからないらしく、疲労して壊れてしまった頭では相当きつい読み物のような気がしますね。


文語訳ツァラトゥストラかく語りき

『ツァラトゥストラ』入門

ニーチェ ツァラトゥストラ

阿Q正伝 -まんがで読破-

阿Q正伝 狂人日記 他十二篇



うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】


心に効くサプリメント セントジョンズワート
posted by まっさん at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

クローズアップ現代 ▽数学ブームの謎を探る・大人がハマる理由

クローズアップ現代 ▽数学ブームの謎を探る・大人がハマる理由

数学ブームなんて来ていたんですね。

50代にして数学にはまり、オイラーの公式に自力でたどり着いたという方が紹介されてました。
中学レベルから始めて、到達までに2ヶ月かかったそうです。
オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ



また、大学のボート部の新入部員を増やすために数学的な発想法を利用した学生の話も紹介されていました。
いかにして問題をとくか



もうほとんど忘れてしまったなぁ。
posted by まっさん at 20:01 | Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

金曜特別ロードショー・コクリコ坂から公開記念スペシャル!「海がきこえる」

金曜特別ロードショー・コクリコ坂から公開記念スペシャル!「海がきこえる」


初めて見ます。

作品がある事自体は知ってたので興味があったんですけどね。

ウィキペディアで調べてみたら、飲酒・喫煙などの問題があるなどの理由から再放送されてないと書かれていました。

昔は結構ああいう表現が多かったですね。

表現の自由を振りかざすとなんでも許されていた反動でいろいろなものがいつの間にかどんどん規制されるようになってしまいましたねぇ。。。

あと昔は良くテレビ用のアニメスペシャルが毎年定期的にあって、再放送されてないものが他にもあるような気がするのでそれだけでもないような気がしますが。


それにしてもこの作品はおもしろいですね。

ジブリのなかでも大分雰囲気の違うものですね。

宮崎駿よりは高畑勲の作品に近いといえば近いですが、それでも全然違います。

声優がちゃんとした本業の声優を使っているのも他のジブリ作品と対照的ですね。


この作品があるから、「雲のように風のように」がジブリ作品だと勘違いする人が多いんだろうとも思います。


雲のように風のように [DVD]


雲のように風のように 三井不動産販売


雲のように風のように


若手が挑戦する目的で作られた作品のようですね。

こういう形の映画やアニメスペシャルの制作を続けていたら、高畑勲や宮崎駿のあとのジブリのはどうなるのか?なんてことは言われることもなかったような気もします。

宮崎駿の作品自体も、興行収入の記録を更新するのとは裏腹にどんどんと質が落ちているような気もしますし。

宮崎吾朗の「コクリコ坂から」は前評判に反して好評のようですが、ジブリ復権となるか。。。

海がきこえる (徳間文庫)



海がきこえる ローソンカード



[DVD]海がきこえる ◆22%OFF!


海がきこえる〈2〉アイがあるから (徳間文庫)


海がきこえるCOLLECTION


posted by まっさん at 20:21 | Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPagerank ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ランキングはこちらをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。