ミラーサイト作りました。今後はそちらをメインにするかも知れません。よろしくお願いします。

あれこれ備忘録 〜はてなブログ支店〜

もしもドロップシッピング」で販売サイト作ってみました。
あれこれ商店

画期的な無料家計簿アプリでお金の流れが一目で分かる

2015年07月28日

VirtualBox-5.0のインストールとGuest Additions CDの使い方

「VirtualBox 5.0」正式版リリース。準仮想化でWindowsやLinuxの性能向上、ヘッドレスによるバックグラウンド実行など

USB 3.0に対応、セキュリティと性能を強化した「Oracle VM VirtualBox 5.0」リリース

USB3.0サポートや準仮想化という機能が加わっているそうです。

準仮想化がどのようなものなのかわかりませんが、「設定」-「システム」-「アクセラレーション」の「準仮想化インターフェース」で、Windowsなら「Hyper-V」、Linuxなら「KVM」を選ぶと前バージョンよりも高速化が期待できるらしいです。

早速、インストールしてみました。

debファイルをダウンロードしたのですが、UbuntuなどDebianではリポジトリを追加することで普段と同じ方法でインストールできるようなのでそれを使いました。

Linux_Downloads – Oracle VM VirtualBox

日本語の説明を書いておきます。

端末で

deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian vivid contrib


と入力します。

vividのところを、自分が使っているDebian, Ubuntuのバージョン 'utopic', 'trusty', 'raring', 'quantal', 'precise', 'lucid', 'jessie', 'wheezy', 'squeeze'などへ置き換えてください。

次に下の公開鍵をダウンロードします。上の作業の前にダウンロードしておいたほうがスムーズにできるかも知れません。

https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc

ダウンロードしたら、端末から公開鍵をダウンロードした場所へ移動して

sudo apt-key add oracle_vbox.asc


とします。

下のコマンドならダウンロードと公開鍵の登録を一度にできます。ダウンロードする場所をきちんと意識しておかないと本来ファイルを置いておくべきでないところにファイルがダウンロードされてしまうので注意です。
wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc -O- | sudo apt-key add -


その後、以下のように入力、実行します。
sudo apt-get update
sudo apt-get install virtualbox-5.0


一行目でリポジトリの更新をして、二行目でVirtualBox-5.0をインストールしています。

Ubuntuでは、アプリケーションメニューの中のVirutualBoxの場所が「アクセサリ」から「システムツール」へ変わっていました。

前のバージョンからアップデートして、見つからないという人は「システムツール」を調べてみましょう。

さて、題名のGuest Additions CDの話をします。

Guest Additionsをインストールすると共有フォルダを仮想マシン上のOSからアクセスできたり、画面の操作がスムーズにできたりします。

通常はVitualBoxで各OS用に作った仮想マシン設定・イメージから仮想マシンを起動したあと、「デバイス」-「Guest Additions CDイメージの挿入」でCDドライブにGuest AdditionsのCDが挿入された状態になります。

ライブCDから起動した場合にはこれが使えません。

その場合、設定のストレージでCDドライブを追加して一番目にライブCDを、二番目にGuest Additions CDイメージを指定します。

通常は/usr/share/virtualbox内にVBoxGuestAdditions.isoがあるようです。

見つからないか、権限が無くてアクセスが出来ない場合はこちらからダウンロードしてください。

Index of /virtualbox/5.0.0

VBoxGuestAdditions_5.0.0.isoがそのファイルです。

仮想マシン上のOS(ゲストOS)でVBOXADDITIONS_5.0.0_101573などといった名前のCDが挿入されていれば成功です。

Linuxの場合、端末を開いてCDのマウントされた場所へ移動し

sudo ./VBoxLinuxAddtions.run


とすれば、Guest Additionsがインストールされるはずです。

これを行った後、

adduser your_account vboxsf


とすると、ログインしているアカウントがvboxsfというグループに追加されます。

your_accountのところを自分が使っているアカウントに書き換えてください。

多くのライブCDの場合、一旦ログアウトしてログインしなおしてもこの設定が反映されます。

/mntや/mediaディレクトリに「設定」-「共有フォルダ」で設定したディレクトリ名の頭に「sf_」がついた名前のディレクトリができています。

それが共有フォルダです。

VitualBox 5.0は確かに以前のバージョンよりも軽い気がします。

Genymotionなどを入れているとVirutalBoxをアップデートすると不具合が出る可能性があります。

しかし、早くなる可能性もあるので試してみても良いと思います。
posted by まっさん at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | linux, android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

[追記あり][isoファイルミラーURL]Android-x86 4.4-r3リリース

ReleaseNote 4.4-r3 - Android-x86 - Porting Android to x86

とりあえず報告まで。

imgファイルを書き込むとUEFIブートに対応できるようです。

最近はアプリがエミュレータを判別してそれにはインストールできないようにしたり、起動できないようにしてきているので、Android-x86は最後の砦になりつつあるような気がします。

また、Windowsタブレットが売れていてコストパフォーマンスもよいので、それにAndroid-x86を入れてデュアルブートを試みている人も少なくないのではないかと思います。

アフィリエイト収入があったら私もWindowsタブレット欲しいです。

後でテストしてみますね。

2015/07/25 追記
isoファイルがダウンロード数が多すぎて現在ダウンロードが中止されているようです(17:23現在)。

imgはダウンロードできるので、これをUSBに書き込む場合はLinux系OSのddコマンドか、dd for Windowsというアプリを使ってください。

DD for Windows - Tech Info

2015/07/26 追記
こちらにミラーのダウンロード先があります。

まだ、Google Driveからisoファイルがダウンロードできないので、こちらからダウンロードするといいでしょう。

Android-x86 4.4 r3 released (special featured : ASUS Transformer Book T100)

Android x86-4.4-R3.img:
http://cloud.daniel-joachims.de/index.php/s/zwI7E9GpAlOVSZY

Android x86-4.4-R3.iso:
http://cloud.daniel-joachims.de/index.php/s/zXTrINLzW7hP7sq
posted by まっさん at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | linux, android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

Android版Firefoxの不具合に困っているならAurora版を使ってみよう

Firefoxに限らず、Androidアプリはアップデートの度に不具合が起きて、その報告でGooglePlayのコメント欄が埋まりますね。

Firefoxでもそれは同じ。

つい先日のアップデートでもFlashを使ったゲームやコンテンツがあるサイトでのクラッシュが問題になっています。

ほとんどのユーザーは不具合があることが不満というよりも、すぐに対処されないので怒っているわけです。

私は個人的には前のバージョンに戻せる仕組みを提供するべきだと考えています。

現状でできそうなことは、前のバージョンのapkファイルのコピーをとっておいて自分でインストールしなおすことが最善でしょう。

次にできることは、少しアップデート頻度の多いベータ版を利用することです。

これもすでにしている人は多いでしょう。

それでも対処の遅さが気になる人はNightly版を使うという選択肢があります。

https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/mobile/nightly/

centralと書かれてあるのが本当のNightly版で毎日更新されます。

auroraとあるのがベータ版より更新が早く、Nightly版よりは遅いというバージョンです。

api-9というのは、Android2.3あたりの古いOS向けのようです。

api-11は新しいバージョンのAndroid向けのようです。

x86はIntelのCPU向けです。

下の方にある日付の無いlatestと書かれたものが一番新しいバージョンです。

l10nはlocalizationの略で各言語に対応したバージョンや言語ファイルのためのディレクトリのはずですが、中身はないので気にしなくて良いでしょう。

Nightlyは更新が頻繁にありますが、バグ修正だけでなく実験的な試みもしているので、不具合も多くなります。

Google Play版の不具合への対処が遅いことが気になるのなら、Centralを使うのは本末転倒になりかねません。

Aurora版がちょうど良いのではないでしょうか?

latest-mozilla-aurora-android-api-11というディレクトリから

https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/mobile/nightly/latest-mozilla-aurora-android-api-11/fennec-41.0a2.multi.android-arm.apk

をダウンロードします。

multiとなっているのは既に多言語に対応していることを意味しています。

とりあえず、これを試してみるのはどうでしょう?

正式版、ベータ版、Aurora、Nightlyはそれぞれ独立にインストールされるのでブックマークやアドオンも別です。

面倒な点とも言えますが、使い分けができるメリットでもあります。
posted by まっさん at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | linux, android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

Android上でexeファイルを実行する

ExaGear Strategies

PC Gameと書いてあるのですが、DOS用のEXEファイルなのか、Windows用の実行ファイルでも動くのかわかりません。

QEMUのような仮想環境を利用しているらしいです。

WINEのARM版も開発されているらしいので、それほど遠くない未来にAndroidでWindows 9xとか2000あたりのプログラムが動かせるようになりそうです。

ただ、このところIntel SoC(CPU)が搭載されたスマホ、タブレットが増えてきていて、さらにはWindowsタブレットもいくつも発売されて、仮想化技術などでWindowsとAndroidを瞬時に切り替えられるマシンもコンセプトモデルとしては出ているので、ARMでx86をエミュレートするよりはx86上でARMのプログラムを動かすほうが早く一般的になるかもしれませんね。
posted by まっさん at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | linux, android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンソールで使うツイッタークライアントRainbowstream

Rainbowstream: Fun to use Terminal based Twitter Client for Ubuntu & Linux

面白いですけど、需要はあるのでしょうか・・・?

軽いのは間違いなさそうですけどもね(笑)

mikutterのほうが良さそうです。

mikutter

Rainbowstreamは動かすためにPythonが必要ですが、mikutterはRubyが要りますけどね。
posted by まっさん at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | linux, android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPagerank ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ランキングはこちらをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。