ミラーサイト作りました。今後はそちらをメインにするかも知れません。よろしくお願いします。

あれこれ備忘録 〜はてなブログ支店〜

もしもドロップシッピング」で販売サイト作ってみました。
あれこれ商店

画期的な無料家計簿アプリでお金の流れが一目で分かる

2013年11月23日

A13 MID系タブレット ファームウェア再構築

bootfs.fex
boot.fex
system.fex
recovery.fex
data.fex



ファームウェアを展開するときに使ったWindowsの作業領域のa10_flash_kitchen_v2フォルダ以下のpacker_ics\_inputへ移動します。

次にcreate_image.batを編集します。

@echo off
if exist _output rmdir /S /Q _output
mkdir _output
echo Creating bootfs.fex
tools\fsbuild.exe .\files\bootfs.ini ^ .\files\split_xxxx.fex
rem copy _input\bootfs.fex _output\bootfs.fex
echo Creating checksum files
.\tools\FileAddSum.exe _output\bootfs.fex _output\vboot.fex
.\tools\FileAddSum.exe _input\root.fex _output\vroot.fex
.\tools\FileAddSum.exe _input\system.fex _output\vsystem.fex
.\tools\FileAddSum.exe _input\recovery.fex _output\vrecovery.fex

echo Creating image file
if exist output.img del output.img
.\tools\dragon files\image.cfg
echo Done...
pause



rem copy _input\bootfs.fex _output\bootfs.fex


のrem (remとスペース)を削除します。

さらに
.\tools\FileAddSum.exe _input\recovery.fex _output\vrecovery.fex


の下に
.\tools\FileAddSum.exe _input\data.fex _output\vdata.fex


を追加します。上書き保存してください。


次にpacker_ics\filesのimage.cfgを編集します。

{filename = INPUT_DIR .. "_extract\\RFSFAT16_OEM_000000000000.fex", maintype = ITEM_ROOTFSFAT16, subtype = "OEM_000000000000",},


が書いてある行の行頭に ;(セミコロン)を入れます。
その上の行に

{filename = INPUT_DIR .. "_input\\data.fex", maintype = ITEM_ROOTFSFAT16, subtype = "DATA_00000000000",},


を挿入します。

同様に、

{filename = INPUT_DIR .. "_extract\\RFSFAT16_VOEM_00000000000.fex", maintype = ITEM_ROOTFSFAT16, subtype = "VOEM_00000000000",},


の行頭にも;を追加します。

その上の行に

{filename = INPUT_DIR .. "_output\\vdata.fex", maintype = ITEM_ROOTFSFAT16, subtype = "VDATA_0000000000",},


を挿入します。
これを保存してください。


それができたら、packer_iscフォルダ以下のcreate_image.batを実行します。

エラーがでなければ、同じフォルダにoutput.imgが出来ているはずです。

この記事のリンクからLiveSuitをダウンロードしてください。

Download LiveSuit Pack v1.11


LiveSuitを使ったファームウェアの焼き方はここの記事を参考にしてください。
momo9 加強版 ファームの焼き方

書き込みが成功すれば、ちゃんと起動すると思います。

ただし、私が持っている端末ではスリープからの復帰が出来無くなっていました。

設定でスリープするまでの時間を長くし、また充電中はスリープしないようにして使っています。


これでファームウェア改造は終わりです。




7インチタブレットアンドロイ4.0搭載 Gセンサー付き 日本語入力対応済み ブラック



アンドロイドOS4.0搭載タブレットPC 送料無料 k-185 KAIHOU カイホウ タブレットPC


送料無料 k-179 アンドロイド4.0搭載 6インチ タブレット POKETAB ポケタブ6 GA-E60026 Android 4.0 WEB


Office搭載 タブレットPC Android TB7


7インチタブレットPC A5 Dual-core  DDR3 RAM Bluetooth3.0搭載 HDMI出力対応 720P出力 アンドロイ4.1 ブルートゥース搭載 日本語導入済み


激安7インチ 2コア USB充電対応 Android 4.1 タブレット Keta 706 office搭載、日本語入力インストール済み


関連記事
A13 MID系タブレットのファームウェアを改造する 展開編
A13 MID系タブレット ファイル書き換え編 その1
A13 MID系タブレット ファイル書き換え編 その2 bootfs
A13 MID系タブレット ファイル書き換え編 その3 boot,recovery
A13 MID系タブレット ファイル書き換え編 その4 data,system
A13 MID系タブレット ファイル書き換え編 その5 build.prop書き換え、system再パッケージ化
A13 MID系タブレット ファームウェア再構築


posted by まっさん at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | linux, android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

iPagerank ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ランキングはこちらをクリック!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。