ミラーサイト作りました。今後はそちらをメインにするかも知れません。よろしくお願いします。

あれこれ備忘録 〜はてなブログ支店〜

もしもドロップシッピング」で販売サイト作ってみました。
あれこれ商店

画期的な無料家計簿アプリでお金の流れが一目で分かる

2012年09月13日

あさイチでうつ病に対する食事療法が取り上げられていました。そのなかで統合失調症とナイアシンについても言及がありました

最新精神栄養学 うつを食事で改善する!?

昨日(2012/9/12)の放送でした。

うつ病やうつ症状の背景に栄養不足があるという話です。

うつ病になると、不足しがちになると判明した栄養素です。


【うつと関係の深い栄養素】
<ビタミン・ミネラル類>
・ビタミンB1、B2、B6、B12
・葉酸
・鉄
・亜鉛
<脂肪酸類>
・ドコサヘキサエン酸(DHA)
・エイコサペンタエン酸(EPA)
<アミノ酸類>
・トリプトファン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・チロシン



食事だけでうつ病が改善するとは言っていなかったようですけどもね。

抑うつ、うつ症状がちょっとあるという、いわゆるプチうつは食事に気をつけるだけでも随分違うかも知れません。

またうつ病などの精神疾患を抱えた人は食欲が落ちて食べられなかったり、炭水化物ばかりを過食してしまうという傾向があるので、栄養状態が悪く、改善の余地があるということだとおもいます。

大きな公的な病院のようなのでそれ以上、踏み込んだ発言は出来なかったんじゃないかと思います。

東京などの大都市圏の一部クリニックなどではもう少し踏み込んだ栄養療法も行われています。


他の人と同じ食事をとっていても、ストレスで消費が大きかったり、吸収が悪かったり、体外への排出が多かったりなどで、特定の栄養素が普通の人よりも不足してしまう人がいるというのです。


そういった人は、普通の人よりも大量の栄養素を取らなくてはいけません。

メガビタミン療法などと言われたりするものもある、栄養療法です。


番組では視聴者からの質問で統合失調症で足りなくなっている栄養素としてビタミンB3が指摘されていました。

これはここのブログでも取り上げていたナイアシンのことです。

幻聴・幻覚にナイアシンが効く!

ナイアシン


普通の人は一日に数十mg程度で良い所、統合失調症の人は数千mgつまりグラム単位でとらなくてはいけないと言われています。




これだけの量は一般の店で売られているサプリメントでは摂ることはできません。

日本国内で生産・販売されているものにもありません。


基本的には海外で作られているものを買う必要があります。




メガビタミン療法に興味がある人も海外物がいいようです。


なんにしろ、栄養が偏りがちになってしまうと体の不調がでてきますし、精神疾患を抱えていると、体の不調と心の不調の区別がつきにくくなりますからサプリメントで上手に栄養バランスを整えたいものです。

posted by まっさん at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

iPagerank ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ランキングはこちらをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。