ミラーサイト作りました。今後はそちらをメインにするかも知れません。よろしくお願いします。

あれこれ備忘録 〜はてなブログ支店〜

もしもドロップシッピング」で販売サイト作ってみました。
あれこれ商店

画期的な無料家計簿アプリでお金の流れが一目で分かる

2011年06月11日

西田幾多郎が言っていた

超意訳をすると、

暗闇のなかで光る球が上下の振動運動をしている。

そして、その時、「ブーン」という音が聞こえる。



観測した人たちは光る球が動くと音が聞こえるのか、音が聞こえると光る球が動き出すのかと考える。

しかし、実際は球をつけた弦を弾いた現象の二つの側面であって、どちらが先でもない。


純粋に科学的に突き詰めれば、弦に質量のあるものが付いているときと、その物質(球)が単純に振動をしている場合とでは違うことが分かってくるとか

球から音が出ているかどうかは音が出ている場所を観測すれば微妙にズレていることがわかってくるとか

いうことで、真理に到達することがあるんでしょう。


ただ、考え方として二つの出来事が実は一つのことの二側面だったりすることがあるのではないでしょうか?


二つの出来事について、それ以上の情報が得られない場合には、球の上下運動と空気が震える音から弦の振動運動を知ることは困難です。










posted by まっさん at 17:14 | Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


iPagerank ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ランキングはこちらをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。